こだわった披露宴 その③ 会場装花&ブーケ

過去の記事を読んでいただけるとお分かりになるかと思いますが、フラワーアレンジメントを習っているOlgaとしては、とにかく会場装花&ブーケにはとってもこだわりました!
↑なので、今回の記事はかなり力入っています&大公開しちゃいますっ(笑)


【Olgaのこだわり&アドバイス】
それではOlgaが一体何にこだわったかというと・・・「花材と価格とのバランス」なのです!お花の相場を多少なりとも知っている者としては、ホテルの契約フローリストさんのアレンジはとにかく高い~(>_<;)デザインや花材もシンプルで一般的なものが多く、花材も安価なものを沢山使っているのに、とにかくマージン(≒デザイン料他)が高いのです。

Olgaの披露宴会場も、ご多分にもれずフローリストさんは指定された業者さんがおられました。持ち込みについても会場側に申し入れたりもしましたが、結局は指定のフローリストさんでお願いすることにしました。その代わりと言っては何ですが、うるさいくらいに色々意見を言われてもらいました~(笑)

お花に関しては、個人的な好みもあると思うので、あくまでもOlgaの感覚として捉えて頂きたいのですが、冷静に考えると、お花屋さんで1本100円~250円で程度で扱っている、通年安価で購入できるトルコキキョウ&ガーベラ&カーネーションをメインに使っていて、「なんで、こんな値段になるの???」というわけなのです。ちょっと変わったバラや季節外れのお花なぞを使おうと思ったら、値段は跳ね上がる・・・というわけなのです。
なので、①できるだけその季節に旬を迎えるお花を使うこと>、②ボリュームを出したい時は、顔の大きなお花や花びらが八重になっているお花を使うこと等の工夫をお勧めします♪

【会場装花のテーマ】
さてさて、Olgaの場合、12月上旬@クラシック洋館 ということで、クリスマスのテイストで、赤みのつよいワインレッド系のバラをメインに、更に始めから「予算範囲内で!」とリクエスト。ここで、値段を跳ね上がらないようにリクエストをしたことは、「実モノ」を多く使ってもらうこと。ちょっと早めのクリスマスのイメージだったので、実モノは雰囲気もでるし&安いし(笑)、一石二鳥というわけです♪

★クリスマスの王道イメージを少し外してもらう形でリクエスト★
①ワインレッドのバラをメインに、ピンクベージュ系のグラデーションで
②松ぼっくり、シルバー系の実モノで、クリスマスの雰囲気をだして。
③りんごを使ってほしい
④卓上装花は、リース形にして真ん中にキャンドルを


【メインテーブルのお花】
メインテーブルは、センターにアレンジ1つでOKです、とお話ししていたのですが、フローリストさんのお計らいで、サイドに中くらいのアレンジ1つずつ、センターに大きめのを1つでアレンジしてくださいました★

私達ではなくお客様の方に向かって、お花が向くようにアレンジしてもらい、私達の側はグリーンや実モノ中心で。その分、バラを多めになるように作ってもらいました!
これは、1つの節約法でもあり、豪華にみせるひとつのコツでもありますので、準備中の方は是非フローリストさんにお願いするといいと思いますよ♪

d0042115_1705114.jpg


ちなみに、各卓上装花の写真はこちら




【ブーケ&髪飾り】
ブーケは持ち込み可だったので、メイクのアクロシェ・クールさんのご紹介のアルマ・マルソーさんで。披露宴会場の雰囲気、ドレス、メイクとのバランスをよく考えてくださった上で、ご提案を頂いたので、Olgaとしては大満足のブーケになりました!

私の結婚準備のバイブル、25ansWeddingに載っていたブーケの中に、アマリリスのブーケを見つけて、私も「アマリリスをつかいたいなぁ~」と漠然と思っていました。アルママルソーさんは、もちろんそんなことを知るわけもないのに、「アマリリスとバラの組み合わせが、凛としていて素敵ではないかとと思います!」とご提案頂き、ゲンキンなOlgaはすっかり大船にのった気分になり当日を迎えました♪

ラクチュールヨシエさんのWeddingドレスと合わせた白+グリーンブーケ(オーバル)↓
d0042115_175062.jpg

★披露宴の髪飾りは、短いベール+ブーケとお揃いの白いバラを♪


Olga母のシャンパンゴールドと合わせたバラのグラデーションブーケ(ラウンド)↓
d0042115_1753799.jpg

★お色直しの髪飾りは、artigana-gさんのビーズの作品で♪
[PR]

by olga0518 | 2006-02-12 16:11 | [2005年] 結婚式ゴト