姉として思うこと

Olga妹も来月結婚します。
本当なら、Olgaが一緒に色々手伝ってあげられればいいのですが、
シンガポールにいる身としては、相談くに乗るくらいしかできないのが残念。

以前の彼女の結婚準備への思いは、「全て2人でやろう!」と意気込みが一番で、
準備そのものへのこだわりはほとんどない、受身の状態でした。
(実際には、Olga両親は黙って見ているはずもないので、
完全に2人だけでと息巻いても結局は無理だろうと思っていましたが)

まあ、それはさておき、当初の彼女は・・・・
「できるだけ安く済ませたい」
「ホテルのパックのままでOK」
「こだわりはまったくない」などと、何とも夢のないことを言っていました。


ただ、私の結婚式&披露宴に2人で出席したことをきっかけに、
いい意味で、少しずつ結婚式・披露宴への思いが変わっていったようです。

最初は、「披露宴なんて親の為だけにやるようなもの!」なんて偉そうなことを言っていましたが、ここにきて「来て頂く方への感謝の気持ちを表す空間&時間」として、
披露宴を開く意義を捉えられるようになったみたいで、
それに伴い彼女たちの準備に対する考え方が変わってきました。

「多少高くついてもこだわるべきところでは、こだわるべし」
「ホテルのパックと自分の趣味は実はあまり合ってない」
「一生に一度だし・・・」
「何か手作りしないと思いが伝わらないかなぁ・・・」
「お姉ちゃんはよくあそこまでやったよね!」 などなど


そして蓋を開けてみると・・・
[PR]

by olga0518 | 2006-03-25 14:00 | 思うコト

無条件バトン★キャッチ

asahi-kanzouさんの無条件バトン

お互い、旦那のことを指して「敵はおぬしかぁ!!」と言い合い、
私にとっては、ブログ友を超え、もはや同志とも言えるのasahi-kanzouさん(笑)!!

そんなお方から投げられた最長不倒距離(笑)のバトンですもの、
赤道間近の国にて謹んでお受けいたしますわ★

はい!では、いってみましょう♪
[PR]

by olga0518 | 2006-03-18 01:37 | つれづれなるコト

点心バンザイ!

シンガポールネタ・・・いつも食べ物の話ばかりですみません・・・(笑)
↑ぶっちゃけ、それしかないのですよ(^^;)

以前から、行きたいと思っていた点心のお店、「Qun Zhong Eating House」。 
1人ではなかなか行かれず、現在に至っておりましたが、
先日友人Mちゃん夫妻と「点心がたべたい!!」という意見が一致し(笑)、
Let's Go to Chinatown!! ということに♪

このお店は、恐らくシンガポール在住の日本人駐在員の方々であれば、
みなさんご存知では?というくらい日本人の間では有名なお店!通称、「京華」
メニューも日本語あるので、間違いなし(笑)
 
移り変わりの激しいシンガポール飲食業界では、かなりの老舗らしいく、
夕食時には狭い店内は満席で、外で行列が絶えません。
行列+現地在住の日本人に人気のお店って、間違いなく美味しいのですよ★
d0042115_1656362.jpg

              「京華」の名前で出てぇ~いますぅ~ 

ここより、空腹の方は要注意(笑)!
[PR]

by olga0518 | 2006-03-12 17:06 | シンガポールゴト

ダンナ実家に絵葉書を出す・・・の巻

先日星から帰国したOlgaダンナが、
自分の実家から、「Olgaさん、元気なのかしら~?絵葉書でも欲しいわね~」
という素敵な伝言を賜ってきた。

確かに、ダンナの実家に対しては、
出発直前にTELで話して以来、無しのつぶてだったOlga。
(自分の実家には、メールやら電話やらしているが)

でもねー、1つ言わせていただくと、
Olgaダンナが来星した時に、ダンナに対して、
「2人で(Olgaダンナの)実家に絵葉書を書いて出そうよ!」とちゃんと提案していた。

「ええぇっ?別にいいよー!?俺が帰ったあとに届きそうじゃない?」
というので、そのままスルーすることにした。

でもよく考えてみると、Olgaダンナは実家に住んでいるわけでもないし。
帰ったあとに届いたって、別にいいわけで。
向こう様にとっては、何より「私」から届く、ってことに意義があるわけですよ、恐らく。

おヨメさま、新婚旅行や長期で海外へ行かれる際はぜひお気をつけて。
意外と、待っているものですよ、ダンナさんのご実家は・・・。

ここからは心の叫び。
[PR]

by olga0518 | 2006-03-04 13:33 | [2005年] 結婚ゴト