シンガポール生活 ファイナルカウントダウン!

早いもので、シンガポール生活もファイナルカウントダウンに入りました。

帰る前にあれも食べたい!もう一度これも食べたい!!

噂のこれ↓
d0042115_0435117.jpg


とまあ、最初から最後まで、ゴハンネタばかりですみません。
でも、本当にこれくらいしか、楽しみがないのですよ~(苦笑)。

なのに・・さすがに最後ということで
仕事&学校の試験に課題にと、超多忙を極めております…
くううう~恨めしいわいっ(T-T)
まあ、仕事で来てるんだから、当たり前っちゃぁ、当たり前なんですけどね。

あっ、食以外にもありました!!!
[PR]

# by olga0518 | 2006-04-04 19:32 | シンガポールゴト

姉として思うこと

Olga妹も来月結婚します。
本当なら、Olgaが一緒に色々手伝ってあげられればいいのですが、
シンガポールにいる身としては、相談くに乗るくらいしかできないのが残念。

以前の彼女の結婚準備への思いは、「全て2人でやろう!」と意気込みが一番で、
準備そのものへのこだわりはほとんどない、受身の状態でした。
(実際には、Olga両親は黙って見ているはずもないので、
完全に2人だけでと息巻いても結局は無理だろうと思っていましたが)

まあ、それはさておき、当初の彼女は・・・・
「できるだけ安く済ませたい」
「ホテルのパックのままでOK」
「こだわりはまったくない」などと、何とも夢のないことを言っていました。


ただ、私の結婚式&披露宴に2人で出席したことをきっかけに、
いい意味で、少しずつ結婚式・披露宴への思いが変わっていったようです。

最初は、「披露宴なんて親の為だけにやるようなもの!」なんて偉そうなことを言っていましたが、ここにきて「来て頂く方への感謝の気持ちを表す空間&時間」として、
披露宴を開く意義を捉えられるようになったみたいで、
それに伴い彼女たちの準備に対する考え方が変わってきました。

「多少高くついてもこだわるべきところでは、こだわるべし」
「ホテルのパックと自分の趣味は実はあまり合ってない」
「一生に一度だし・・・」
「何か手作りしないと思いが伝わらないかなぁ・・・」
「お姉ちゃんはよくあそこまでやったよね!」 などなど


そして蓋を開けてみると・・・
[PR]

# by olga0518 | 2006-03-25 14:00 | 思うコト

無条件バトン★キャッチ

asahi-kanzouさんの無条件バトン

お互い、旦那のことを指して「敵はおぬしかぁ!!」と言い合い、
私にとっては、ブログ友を超え、もはや同志とも言えるのasahi-kanzouさん(笑)!!

そんなお方から投げられた最長不倒距離(笑)のバトンですもの、
赤道間近の国にて謹んでお受けいたしますわ★

はい!では、いってみましょう♪
[PR]

# by olga0518 | 2006-03-18 01:37 | つれづれなるコト

点心バンザイ!

シンガポールネタ・・・いつも食べ物の話ばかりですみません・・・(笑)
↑ぶっちゃけ、それしかないのですよ(^^;)

以前から、行きたいと思っていた点心のお店、「Qun Zhong Eating House」。 
1人ではなかなか行かれず、現在に至っておりましたが、
先日友人Mちゃん夫妻と「点心がたべたい!!」という意見が一致し(笑)、
Let's Go to Chinatown!! ということに♪

このお店は、恐らくシンガポール在住の日本人駐在員の方々であれば、
みなさんご存知では?というくらい日本人の間では有名なお店!通称、「京華」
メニューも日本語あるので、間違いなし(笑)
 
移り変わりの激しいシンガポール飲食業界では、かなりの老舗らしいく、
夕食時には狭い店内は満席で、外で行列が絶えません。
行列+現地在住の日本人に人気のお店って、間違いなく美味しいのですよ★
d0042115_1656362.jpg

              「京華」の名前で出てぇ~いますぅ~ 

ここより、空腹の方は要注意(笑)!
[PR]

# by olga0518 | 2006-03-12 17:06 | シンガポールゴト

ダンナ実家に絵葉書を出す・・・の巻

先日星から帰国したOlgaダンナが、
自分の実家から、「Olgaさん、元気なのかしら~?絵葉書でも欲しいわね~」
という素敵な伝言を賜ってきた。

確かに、ダンナの実家に対しては、
出発直前にTELで話して以来、無しのつぶてだったOlga。
(自分の実家には、メールやら電話やらしているが)

でもねー、1つ言わせていただくと、
Olgaダンナが来星した時に、ダンナに対して、
「2人で(Olgaダンナの)実家に絵葉書を書いて出そうよ!」とちゃんと提案していた。

「ええぇっ?別にいいよー!?俺が帰ったあとに届きそうじゃない?」
というので、そのままスルーすることにした。

でもよく考えてみると、Olgaダンナは実家に住んでいるわけでもないし。
帰ったあとに届いたって、別にいいわけで。
向こう様にとっては、何より「私」から届く、ってことに意義があるわけですよ、恐らく。

おヨメさま、新婚旅行や長期で海外へ行かれる際はぜひお気をつけて。
意外と、待っているものですよ、ダンナさんのご実家は・・・。

ここからは心の叫び。
[PR]

# by olga0518 | 2006-03-04 13:33 | 結婚ゴト

VIVA!マサラドーサ

チキンライスさんのマサラドーサ(SARABANA BHAVAN  リトルインディア)BLOGにTBします♪

チキンライスさんのBLOGに載っていた、このマサラドーサ。
私もすっごーーく気になったのです。

ちょうど、オクサマ友人のMちゃん夫婦とリトルインディア探索に行こうか、
という話も出ていたの、早速ノリノリ・ワクワクで繰り出しました。

先日買った Sweetest thingに、出ていた
インド菓子のお店で、お茶受けのお菓子を買い込み(写真なし・・・すみません。感想は最後に)
いざ★うわさのお店へGO!!
d0042115_12321128.jpg
 
                 うわさのお店@Little India

そして、お店に突入!
[PR]

# by olga0518 | 2006-02-27 12:49 | シンガポールゴト

Olgaのバイブル

リラックマーライオンさんのBLOGにTBします★

多民族国家で、食文化が豊かなシンガポール。
食いしん坊のOlgaのバイブルは、もちろん食のガイドブックと口コミ。
あと、チキンライスさんのBLOGも愛読しております♪

食のガイドブックは、こちらMakansutra(マカンスートラ)でございます。
Makan:マレー語で「食」+Stra:梵語で「経(経典)という意味をもつ、
ローカル飲食店の評価本で、要は、ミシュランやらザガットサーベイのような感じ。
アジアらしく(?)、お椀の上にのったお箸の数で採点。(お椀3客+お箸3膳=6点満点)
ただ、味覚の基準はあくまでもシンガポーリアン、ということで、
評価の高低は必ずしも日本人の味覚に合うとは限らないんですが。
淡路島と同じサイズの国土面積と反比例するかの様に存在する、
ものすごい数の飲食店を選定するための大事な基準になるというわけです。

この本は、どちらかというとレストランよりもホーカーズ(屋台)情報の方が多いです。
シンガポールの地理とローカルフードの名前を知らないと、使いにくいのが玉にキズ。
到着後、すぐにオクサマ友人Mちゃんから、この本を貸してもらっていたけれど、
地理が解らないと宝の持ち腐れ状態だったので、すぐにお返ししちゃったのですが、
ようやく土地勘がついて来たところで、ようやくMyマカンスートラを購入!!

いやあ、よく読んでみると、うちと会社の間にある、
超ショボイ(と思っていた)ホーカーズ(屋台)のお店が結構載ってるじゃないですかっ(驚)
おいおい、いくつかのお店には満点がついているしぃーー!!!
調べれば調べるほど、「キミが知らないだけでしょっ!」と言わんばかりの高評価ばかり。
私がフラっと立ち寄ったお店は、どう考えても マズかった 美味しくなかったのになぁ・・・う~ん、おかしいなぁ・・・まっ、出直しましょうかね~f(^^;)

d0042115_2361016.jpg

             食事で迷ったらマカンスートラに聞け!


ででで!!!
今日、たまたま本屋でプラプラしていたら、何とこんな本を見つけたんですよ!
Sweetest things 
2005年7月に出版された、美味しいお菓子ばかり集めたガイドブックです。
いやぁ、これは素晴らしい!!

何がいいって、マカンスートラは、ローカルフード中心なのに対して、
このSweets版は、Olgaが愛して止まない洋菓子系が多いのですよ。
やっぱり、たまにはローカルじゃない美味しいお菓子も食べたいじゃないですかっ♪

d0042115_2391920.jpg

       左) Sweet版のガイド本 & 右) マカンスートラ

引きやすいのと、写真が美味しそうなのと(笑)、
チェーン店の情報がきちんと載っているのがGooooood!!

再び(?)、食生活にハリと潤いが戻りそうです~。
世の中がまたまた明るくなって参りましたわん(笑)
って、すでに冷蔵庫の中はスーパーで買い込んだお菓子だらけなんですがね・・・・あははっ。
[PR]

# by olga0518 | 2006-02-24 23:26 | シンガポールゴト

こだわった披露宴 その④ お料理

le-tomoさんの-Truffe- 黒トリュフにTBします!

披露宴に招かれて、出席者が楽しみにしているコト。
もちろん、素敵な姿の主役に会えたり、
ミニ同窓会状態なのが楽しみなのは言うまでもありませんが、
ぶっちゃけ披露宴出席者が最も楽しみにしているのが、
お料理&お引き出物。 ←お引き出物&お引き菓子のお話は次回。

私の披露宴に来てくださる友人や知人の方が、
このページをたまに見に来てくれているの事がわかっていたので、
あまりこの話題には敢えて触れていませんでしたが、
さすがにもういいだろう!ってことで書かせてもらいます(笑)

【お料理】
最近のBlogを読んでくださっている方は、お気づきかと思いますが、
OlgaダンナとOlgaは、とにかく食べることが大好き!!
旅行は「何を何処で食べるか・・・」を中心に組み立てるくらい(笑)

実は、私が披露宴を行った「K」は、料理長&2人で相談しながら、
コースのメニューを決めていくスタイル。なので、イチから検討するというわけです。
いくら、食べるのが好き!とは言っても、さすがにフルコースの内容を、
全て考えられる訳ではありません・・・。闇雲に希望を並べればいいというものでもないし、
正直、どうしたらいいものか、と悩んでおりました。

そんな時に、天からの声がこのBLOGに届きました!
大崎のレストラン、ラフェクレールのシェフで、
exciteにもBlogを書いておられるle-tomoさん!!!
tomoさんのレストランで披露宴を開くわけでもないのに、
「料理のことでよければ力になりますよ。良かったら相談してください」
そんな優しいtomoさんのコメントに、Olgaは感動&感激し、
早速、Olgaダンナの上京日に合わせて、
tomoさんのレストランに食事がてら、メニューの組み立ての勉強に行くことに!
そこで、tomoさんから素材と調理法の組み合わせについて色々教わりました。
「冬の披露宴なら鴨肉なぞはどうでしょう?」
「鴨肉は断然フランス産がいいですよ~」など、色々教えていただきました。
なるほど、なるほど・・・本当に勉強になりました。
お忙しい中、熱心に色々お話くださり、私の初心者的な質問にも丁寧に答えてくださり、
まるでマンツーマンのお料理教室のようでした!!

そして、迎えた料理長さんとの打ち合わせの日・・・。
「何かご希望はありますか?」という料理長さんのお言葉を待ってました!とばかりに・・・

①旬の食材をふんだんに使った季節を感じるコースにしてほしい。
②メインは鴨肉はどうか?(料理長さんからも、「鴨はいいですね!」と褒められ内心ホッ。)
③年配のお客様も多いので、あまり重たいコースにしないで欲しい

これらの要望を全て聞いてくださり、後日予めお伝えした予算に基づき、
メニューをご提案いただきました。

そのメニューの一部です。
[PR]

# by olga0518 | 2006-02-22 12:36 | 結婚式ゴト

観光客モードWEEK!!

ダンナがきたらシンガポールでやること★リスト

【復習】
■オーチャードにてショッピング  
■飲茶を食べる 
■サンデーブランチをする 
■ラッフルズホテルにいく
■マッサージをうける
■ナイトサファリにいく
■第2回アフターヌーンティー開催!
■チリペッパークラブを食べる
■飲みに行く (女1人ではなかなかできず、我慢しておりました・・・)


はい、これを全て1週間でこなしましたよ~♪しかも、これ以外のことも色々とやりました。
ちなみに、詳しい足取り&食生活については、是非ともOlgaダンナがこの旅行を機に開設したBLOG@Meet the world ~旅道楽日記~の方を見てやってくださいね~♪
Olgaの方は、それ以外のことを書きたいと思います!

ちなみに、やることListの中で、Olgaの一番のお勧めは飲茶です★
紅星酒店という、ローカルには有名でも、外国人はほとんど見かけない
ローカル団地の最上階をぶち抜いてつくったレストラン。

このレストランは、「中国語がメイン」のようなので、
日本人の方もあまり行かれない?みたいですが、
飲茶がローカル価格で食べられると言うことで、家族連れ、会社のランチなどなど、
12時にはかなりの人がやってきていました。
こちらでは珍しいワゴン形式の飲茶が楽しめます♪

っででで、、、、肝心の写真なのですが・・・
朝食抜きで臨んだため、食べるのに夢中で撮影を忘れてしまいました・・・(T_T)
我が家より、徒歩圏なので近日リベンジしたいと思います!

昼食後、向かったのが私が新居の為にと、ここぞとばかりに買い物しまくった
IKEA!!! 
※写真はHPから借用↓
d0042115_054626.jpg

                  ★IKEA, My Love★

ちなみにシンガポールのIKEAは、
北京に比べてお安め&ヨーロッパより若干高めくらいでしょうか。
来春にはいよいよ日本に上陸することもあって、
品物のタグも日本語表記もされていました!

IKEAといえば、シンプルデザインのお手軽な北欧家具ですが、
ドイツ在住時代、家具についてはあまりいい恩恵を受けなかった(苦笑)我が家にとって、
IKEAは、もっぱら家具<雑貨なので、今回は新居用の雑貨類を色々買いこみ、
Olgaダンナに持って帰ってもらいました♪
下見もバッチリしたので、なかなかいいものをGETできました!

ヨーロッパでは安いイメージですが、日本ではこれが一体いくらで売られるんだろうか・・・
いやあぁ、オソロシイ(ボソッ)
[PR]

# by olga0518 | 2006-02-15 22:48 | シンガポールゴト

こだわった披露宴 その③ 会場装花&ブーケ

過去の記事を読んでいただけるとお分かりになるかと思いますが、フラワーアレンジメントを習っているOlgaとしては、とにかく会場装花&ブーケにはとってもこだわりました!
↑なので、今回の記事はかなり力入っています&大公開しちゃいますっ(笑)


【Olgaのこだわり&アドバイス】
それではOlgaが一体何にこだわったかというと・・・「花材と価格とのバランス」なのです!お花の相場を多少なりとも知っている者としては、ホテルの契約フローリストさんのアレンジはとにかく高い~(>_<;)デザインや花材もシンプルで一般的なものが多く、花材も安価なものを沢山使っているのに、とにかくマージン(≒デザイン料他)が高いのです。

Olgaの披露宴会場も、ご多分にもれずフローリストさんは指定された業者さんがおられました。持ち込みについても会場側に申し入れたりもしましたが、結局は指定のフローリストさんでお願いすることにしました。その代わりと言っては何ですが、うるさいくらいに色々意見を言われてもらいました~(笑)

お花に関しては、個人的な好みもあると思うので、あくまでもOlgaの感覚として捉えて頂きたいのですが、冷静に考えると、お花屋さんで1本100円~250円で程度で扱っている、通年安価で購入できるトルコキキョウ&ガーベラ&カーネーションをメインに使っていて、「なんで、こんな値段になるの???」というわけなのです。ちょっと変わったバラや季節外れのお花なぞを使おうと思ったら、値段は跳ね上がる・・・というわけなのです。
なので、①できるだけその季節に旬を迎えるお花を使うこと>、②ボリュームを出したい時は、顔の大きなお花や花びらが八重になっているお花を使うこと等の工夫をお勧めします♪

【会場装花のテーマ】
さてさて、Olgaの場合、12月上旬@クラシック洋館 ということで、クリスマスのテイストで、赤みのつよいワインレッド系のバラをメインに、更に始めから「予算範囲内で!」とリクエスト。ここで、値段を跳ね上がらないようにリクエストをしたことは、「実モノ」を多く使ってもらうこと。ちょっと早めのクリスマスのイメージだったので、実モノは雰囲気もでるし&安いし(笑)、一石二鳥というわけです♪

★クリスマスの王道イメージを少し外してもらう形でリクエスト★
①ワインレッドのバラをメインに、ピンクベージュ系のグラデーションで
②松ぼっくり、シルバー系の実モノで、クリスマスの雰囲気をだして。
③りんごを使ってほしい
④卓上装花は、リース形にして真ん中にキャンドルを


【メインテーブルのお花】
メインテーブルは、センターにアレンジ1つでOKです、とお話ししていたのですが、フローリストさんのお計らいで、サイドに中くらいのアレンジ1つずつ、センターに大きめのを1つでアレンジしてくださいました★

私達ではなくお客様の方に向かって、お花が向くようにアレンジしてもらい、私達の側はグリーンや実モノ中心で。その分、バラを多めになるように作ってもらいました!
これは、1つの節約法でもあり、豪華にみせるひとつのコツでもありますので、準備中の方は是非フローリストさんにお願いするといいと思いますよ♪

d0042115_1705114.jpg


ちなみに、各卓上装花の写真はこちら

さて、ブーケは・・・
[PR]

# by olga0518 | 2006-02-12 16:11 | 結婚式ゴト